料理に使う水にこだわろう!水の選択で美味しさも変わる!|ウォーターサーバー活用会

クッキングの水

ミネラルウォーター
美味しい料理を作りたい時に、食材や調味料にこだわるだけではなく、水を意識することが大切です。この時にウォーターサーバーを活用すると使い勝手が良くなり、マシンにセットするウォーターボトルを変えることでさまざまな水を使うことができます。

ポイントになるのは軟水と硬水、天然水やミネラルウォーターといった種類の違いで、それぞれの産地やメーカーによっても味わいが微妙に異なってきて、出来上がった料理の味に変化が生まれます。食材を煮込む、出汁をとる時に水の種類によってエキスの抽出が変わってきますので、適したものを使用すると美味しさが増すはずです。

多くの種類を試して好みを見つけ出すと、より美味しい料理を作れるようになります。

タイプについて知っておくと役立ちます

水道水
水は生物にとってなくてはならないもので、一般的には無味無臭と表現されますが、水道水と天然水を飲み比べてみると、味わいがまるで違っていることが分かります。

水道には安全性を高めるために薬品が添加されていて、これが違いに繋がってきますが、それだけではありません。天然水には自然のミネラルがたっぷりと含まれていて、それが美味しさにつながっているわけです。

とても些細な違いですが、敏感な人にははっきりと違いが分かりますし、仕上がった料理の美味しさに影響を与えます。
ほんのちょっとした違いですが、最終的な部分を左右するので重要です。

さらに硬水と軟水の違いを知ると、使い方について分かりやすくなります。

硬水とはカルシウムやマグネシウムといった金属イオンの含有量、一般的にはミネラル成分が多く含まれているもののことです。

数値として出すと、1リットル中に121から180mgのイオン量が含まれていると硬水となり、それ以上は超硬水と分類されます。特徴としてはミネラル成分が多くなるほど、口当たりが重く癖が強くなるので、飲みにくくなるはずです。

しかも、マグネシウム・イオンは体内に吸収されにくいので、人間が摂取すると大腸に長時間留まってしまい、液体の吸収を阻害してしまい下痢を引き起こす場合があります。

そのため、一般的に硫酸マグネシウムを含む硬水は飲料用として向いていませんが、一部には適しているものもあり、ミネラルが摂取できる飲料用として販売されています。

軟水は1リットル中にイオン量が60mgまで含まれているもので、飲料用をはじめ、料理や洗濯、染色や工業といった生活全般の中で使われます。

61から120mgまでを中軟水や中硬水といって、日本では硬度80未満が多く、外国に全般的に比べて低い傾向です。そのまま飲んでも特に問題は起こりませんが、安全性のため水道水には薬品が使われていて、消毒や防腐効果を高めています。

煮沸などの必要がなく、蛇口から出してすぐに飲むことができるというのは、世界でも珍しく恵まれているといっても過言ではありません。

そのため、長く蛇口にろ過装置を使うことはあっても、飲料や料理用として購入することがありませんでしたが、近年は美味しさを求めて利用する人も増えてきています。

販売用も軟水が多く、硬水は少ないです。

販売されている水は基本的に軟水となり、硬水もありますがそれほど多くはありません。

特徴を知ることで、目的に合わせて求めることができるようになります。

ミネラルが多く含まれるほど、抽出を阻害する働きが強くなるので、コーヒーや紅茶を入れる、調理の時には味を引き出しやすい軟水がおすすめです。

この点を知っておくと、使い分けがしやすくなり、時として硬水を利用するのも変化が生まれる可能性があるので、チャレンジすると新たな美味しさを見つけ出せます。

購入できる水について知っておこう

ミネラルウォーター
一口に水といっても、含まれるミネラル量によってさまざまな違いが出てきて、呼び方も軟水や硬水と変わっていきます。

違いについて知っておくと使い分けがしやすく、その他にも気を付けたい点があるので、参考にしてください。今は数多くのタイプが販売されていますので、チェックしておくと自分に相応しいものを見つけやすくなりますので、ポイントを知ってくと選びやすくなります。

ミネラルウォーターは主に地下水を原水にしているもので、日本の場合は主に軟水になりますが、欧州で産出されるものは硬水が多いです。

地下から汲みだしているので、その土地の特性がそのまま出てくるのが特徴になり、購入する時には内容表示をチェックして確認してください。

ミネラルウォーターという名称から、ミネラルがたっぷりと含まれていると思われがちですが、硬度は決まっているので一般的な飲料や調理に使う時には軟水がよく、美容や味が好みといった理由があれば硬水を求めるといいです。

特徴を知っておくことで、目的に応じて求められるので、ミネラルウォーターという呼び名に惑わされないようにするのが良く、硬度をチェックして求めてください。

ペットボトルのミネラルウォーターやウォーターサーバーのボトルを購入する時に、天然水とRO水という2つの表記があります。

RO水とは採取した水にRO膜処理をしたものをいい、RO膜とはReverse-Osmosisの略で日本語にすると逆浸透膜といい、0.0001ミクロンの超微細孔のフィルターのことです。このフィルターを通して不純物を除去して製造されたのがRO水で、天然水でありながら限りなく純水に近い状態となります。

無味無臭となるので美味しさは感じられなくなってしまい、人工的にミネラル分を添加して販売されることが多いです。汲んだ場所の表記が必要なく、人工的に作り出すことができるので、天然水に比べると低価格で販売されています。

天然水はろ過、沈殿や加熱殺菌以外の物理的・化学的な処理を行っていない、特定の水源より採取した地下水のことをいいます。

天然水のイメージとして「自然のまま」といったものがありますが、安全性を考えて必要最小限の処理を行い、不純物を排除して安心して飲める状態にして販売されます。

天然水は体に良い成分が含まれている水質の良い場所を選んで採取していき、地域の特性が出ているのが特徴です。

同じ天然水の表記でも味わいが異なり、その小さな違いがコーヒーや紅茶などの飲料、そして料理の仕上がりに影響を与えてきます。

RO水の場合はメーカーによる違いはほとんどありませんが、天然水は産地やメーカーによって味が異なるので、飲み比べて好みのものを見つけてください。

使い分けることによって、料理に奥深さが生まれて隠し味となるので、水にこだわりを持つのは大切です。

ウォーターサーバーとペットボトルのメリットとデメリット

ペットボトルとウォーターサーバー
水を購入する時に、方法としてウォーターサーバーとペットボトルの2種類があり、それぞれメリットとデメリットが存在しています。

個人や家庭によって利用目的が異なるので、ライフスタイルを考えたうえで最適なものを選ぶと使い勝手が良いです。

ポイントは家族構成、1日の総消費量と目的で、自宅の広さも関わってきます。

一人暮らしで家にほとんど帰らない場合はペットボトルで十分になりますが、家族の人数が多い、乳幼児を抱えている場合は、ウォーターサーバーの方が楽になるはずです。

最近は、どちらも宅配を利用する場合が多いので、購入する手間はそれほど考えなくてよく、使いやすさを重視すると選びやすくなります。

近年になって登場して、人気を高めているウォーターサーバーの魅力は、冷水と温水を利用できるところです。これは特に熱湯がすぐに使えるのは利便性が高く、朝の忙しい時間帯にヤカンを火にかけてお湯を沸かすというのは面倒で、お茶を入れる、みそ汁を作る時に役立ってくれます。

また、火を使わないので、子供や高齢者でも安全性が高く、家族構成によってはかなり使い勝手が良くなるはずです。

ウォーターボトルをセットして使うのですが、豊富な種類から選べるのも嬉しく、ペットボトルにはない機能性ウォーターも利用できます。

赤ちゃん用に煮沸しなくとも使える、ダイエット効果を高めてくれるなど、目的に合わせて求めることができるのが特徴です。

デメリットとしては、ウォーターサーバーの本体が場所をとってしまう、総合的な価格で考えると高額なり、現在ではかなりリーズナブルになりましたが、人によっては高額に感じるかもしれません。

ただ蛇口を捻れば熱湯が出る、赤ちゃん用に煮沸しないで使えるというのは、かなり魅力的で生活を便利にしてくれます。

導入することで生活に余裕ができるので、無理をしてストレスをため込むよりは、使ってみるのがおすすめです。

多くのメーカーが販売するようになり、探せば無理のない価格で使えるウォーターサーバーを見つけられる可能性があります。

ウォーターサーバーの登場まで、水を購入する方法としてペットボトルが一択でした。

今もさまざまな商品が販売されていて、飲み比べをするのも楽しく、新商品は必ずチェックしているという人は多いです。

飲料用として購入されますが、調理用に使われることもあり、さまざまなタイプを比べる時には向いています。

価格的にもリーズナブルでウォーターサーバーと違い、本体のレンタル料や電気代といったものがかからず、水単品の値段なので安いです。

ウォーターサーバーとペットボトルのメリットとデメリットを知ることで、自分に適したものを見つけ出せます。またどちらか片方しか使ってはいけないわけではなく、利便性を重視して使い分けることが大切になってきて、生活を豊かにしてくれます。

美味しい料理の決め手になります

料理の食材
料理を作る時に、少しでも美味しくしたいと考えて、食材や調味料にこだわっている人は多いです。

調理する人の技術も必要になりますが、これは一朝一夕で伸ばせなく、素材を良質にすれば美味しさにつながっていきます。

ここで気を付けたいのは肉や魚、野菜といった食材だけではなく、水を意識することです。味の原点は水とも言われていて、無味無臭のようですが実際には天然水を飲めば僅かですが違いが分かります。

硬度によって抽出量が変わってくるので、ポイントを知って取り入れるとワンランク上の美味しさを目指せます。

水と料理の関連性が分かりやすいのが出汁で、日本料理の基本となり、覚えておくとバリエーションが広がります。

一番出汁の作り方は、鍋に水と昆布を入れて火にかけて沸騰直前に昆布を取り出し、沸騰したらカップ1/2ほどの差し水を加えます。

たっぷりの鰹節を加えて火にかけて、再び沸騰したらアクを取り除き、鰹節が鍋底に沈むのを待ってからザルに布巾かクッキングペーパーを敷いて漉していきます。作り方は単純ですが、昆布と鰹節という旨味エキスが水にたっぷりと溶け込んでいて、そのまま飲んでも美味しいです。ここでポイントになるのは硬度で、

軟水の方がエキスが抽出されやすいので、硬水でも作れますが深みに欠けて尖ったような味わいになります。

このように出汁で考えると分かりやすく、実際に軟水と硬水で作って比べてみると違いがはっきりと分かるはずです。

出汁だけではなくすべての食材に対して同じことが言えて、特に和食の旨味成分はグルタミン酸やイノシン酸が中心となり、硬水はこれらの成分抽出を阻害してしまうので、軟水の使用が好ましいです。

西洋の肉の煮込み料理の場合は硬水が向いていて、余分なタンパク質が灰汁として抜け出していくので、柔らかく臭みを消してくれます。

さらに糊化が抑制されるので、じゃがいもが煮崩れしにくいという特徴もあり、シチューやカレーといった料理に最適です。

パスタを茹でる時も硬水は塩を加えることなく、理想的なアルデンテができあがります。

地域によって料理は異なり、食材だけではなく水も影響を与えています。

そのため料理を美味しく作りたいときは、生まれた土地と同じタイプの水を使用すると相性が良くなり、旨味を引き出してくれます。

硬水と軟水、さらに天然水の味わいなど、それぞれの特性を活かすことによって、美味しさに奥行きや広がりが出てくるので、いろいろな種類で試して自分好みを味を見つけてください。

ウォーターサーバーを導入する家庭が増えて、飲料用に使っている方が多いです。

この時に料理用としても利用することで、旨味を引き出すことができるので試してください。

飲料だけではなくアイディア次第でさまざまなものに利用できますので、あるなら積極的に使っていくのが良く、活用法は多いです。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーランキング

ここでは、料理に使う水にこだわった水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

1位 COOL QOO(クールクー)

Coolqoo >>公式サイトはこちら

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

2位 ピュアウェーブ

水道直結で安心安全な温水と冷水が使い放題

初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

3位 楽水(らくみず)

樂水ウォーターサーバー

初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。