ラーメン屋で飲む水はなぜあんなに「うまい」、「おいしい」と感じる?

ラーメン
ラーメンにも様々な味のものがありますが、総じて塩分濃度は高めです。

スープは液体なので水分を摂取しているように感じるかもしれませんが、実は体内では水分が流出し、細胞は水を求めています。

ラーメン屋で飲む水がおいしく感じるのは、こうした水分不足を補うことができ、本能的に必要でもっと飲ませようとするからです。

ラーメンの塩分の濃さと喉の渇き

ラーメンの麺
ラーメンのスープにたくさんの塩分が含まれていることは想像がつきますが、実は麺にもたくさんの塩分が含まれています。

麺は小麦粉でできていますが、コシを出すために塩分を加えてグルテンを引き締めているからです。コシの強い麺ほど塩分濃度も高くなるため、ラーメンはスープを飲んでも麺を食べても塩分摂取量が多くなりがちなのです。

スープを全部飲み干さなかったとしても体内ではたくさんの塩分が摂取され、それによって血清ナトリウム濃度が上昇し、喉が渇きやすくなります。

1日の摂取塩分の目安は食塩相当量で6グラムとされていますが、麺だけで1食あたり2グラム程度の塩が含まれています。

そんなラーメン屋でおいしく感じるのが、何の変哲もない水です。

ラーメン屋によって用意されている水は水道水だったりウォーターサーバーだったりドリンクサーバーから出てくる浄水だったり様々ですが、中にはレモンが入ったレモン水になっているものを提供しているお店もあります。

レモン水にすることによって、水道水のカルキ臭さを減らしたり、風味をつけることによって香りを愉しむことができるというメリットがあります。

ほのかな酸味は食欲を増進させてくれますので、ラーメン屋にとってもたくさん食べてもらえる機会が増えます。

レモン水となったものには、それほど栄養的な効果を期待することはできませんが、レモンには塩分の排出を助けるカリウムも豊富に含まれています。

スープや麺の塩分が「毒」となるのであれば、このカリウムは薬になるでしょう。

こうしたことから、ラーメン屋で出される水は身体が本能的に求めるものとなり、おいしく感じるようになるのです。

大量に水を飲むと今度は塩分が欲しくなりますので、そうするとラーメンも進み、おいしく食べることもできるようになります。

ラーメン屋の店内の環境による影響

ラーメン屋の店内
ラーメン屋のスープは1日中火にかけているため、店内の温度は高くなりがちです。

何もしないと湿度も上がってサウナのような状態になってしまいますので、換気扇を回して冷房をかけ、温度調節しているお店がほとんどです。

おいしい有名店となれば古い店舗も多くありますが、そのようなお店の冷房に期待することはできません。

たくさんの油を吸い込んでいて、フィルターが目詰まりし、冷房としての機能はかなり低下してしまっているところも少なくないのです。

そのような暑い環境で飲む氷水となれば、それだけでラーメンがなくてもおいしく感じるでしょう。

お風呂上がりの冷えたコーヒー牛乳がおいしいのと同じ原理で、氷の入った水は火照った体温を下げてくれるため、おいしく感じます。

あつあつのラーメンを食べることで、体内からも外からも熱を受けているので、冷えた水を飲むことで体温調節をすることができ、さらに汗などで失われた水分を補給することができるのです。

視覚・嗅覚的にも喉が渇く条件があります。

店内にいる他のお客さんが汗を流しながらラーメンをすすっていれば、自然と自分も水が欲しくなるものです。

店内には、塩分の高いスープの香りが充満していますので、塩辛い臭いによって喉が渇くこともあります。

人間が食べ物や飲み物をおいしいと感じるのは、それを必要としているからです。

ラーメン屋には用意されている料理にも環境にも水を必要とする条件が整っており、ただの水道水でさえおいしく感じるようになっているのです。

塩分の取りすぎは、高血圧の原因にもなりますので、水分補給、カリウムの補給などをして、高血圧を予防しましょう。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーランキング

ここでは、料理に使う水にこだわった水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

1位 COOL QOO(クールクー)

Coolqoo >>公式サイトはこちら

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

2位 ピュアウェーブ

水道直結で安心安全な温水と冷水が使い放題

初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

3位 楽水(らくみず)

樂水ウォーターサーバー

初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。